暴君2歳児 「なんでも自分でやりたい」から、「何でも(母親君父親君に)やって」に。。。

ちょっと前に、にんきブロガーのはなこさんの記事に、「なんでも自分でやる王国」に君臨する女王の話ってのがあったけど、うちの息子君2歳も少し前までは、「なんでも自分でやる王国」の暴君だったのだが、今は「何でも自分でやらない。やってもらう王国」に住民票を移し、これから暴君っぷりを更に発揮しようとしている段階だ。

 

食事編

以前:スプーンや箸は自分で使わないと暴君に。更にうまく使えないと暴君に。

最近:最初から、口を開けて待っている。たまにスプーンを使っても直ぐに、

  「ととやって」とスプーンを渡される。

 

着替え編

以前:自分でボタンをつけるのが楽しみに。ズボンや靴も自分ではかないと暴君に。

最近:まったく自分でやる気無し。そもそも着替えるのに抵抗。

   靴は「靴べらを使え」と指示が出る。

 

工作編

以前:はさみを切るのが楽しく、ずっと紙を切っている。(父親くんはひたすら、

   息子君が指を切らないように、紙がうまく切れるようにフォロー)

最近:「ととはさみ切って。ぱらぱら(折り紙を切って作った花吹雪)作って。」

 

フォローアップミルク編

以前:「やらせてー。や・ら・せ・てー。」と粉ミルクを入れ、水を注ぎ込みたい。

最近:「早くー。飲・み・た・いー。」

 

などなど、具体的な暴君事例をあげるときりがないので、この辺で。

親バカ両親としては、どうしてもかわいいので、どうしても暴君の要望に答えてしまう。しかもお互いに、「本当に息子君に甘いなー。」と言い合っている状態である。「魔の2歳児」「テリブルツー」とやらが終わったらどうなるかな。まあ、それはその時に考えることとしよう。とりあえずは「魔のかわいい2歳児」のはちゃめちゃっぷりを楽しみたい。

 

スポンサーリンク