長男君4年生 歯科矯正を始める

長男君4年生。歯科矯正を始めた。

小学一年生の時に、乳歯が抜け始め、永久歯に変わるたびに、歯並びががたがた系になっていった。その頃は、顎も大きくなっておらず、乳歯の間も隙間がなかったところ、結構立派な永久歯が生えてきたから隙間がなかったのかな。固いものを積極的に食べさせればよかったのかもしれない。

それは過ぎてしまったことではあるが、二年生くらいから歯科矯正をせねばと、何度か矯正歯科に行ったものの、長男君乗り気ではなかった。先生も「乗り気ではないのなら、焦ることない。」とのことで、本人がやる気になるのを待っていた。

で、4年生になって、再度矯正歯科に行ったところ、今度は「やる」とのことだったので、治療開始と相成った。まずは顎を大きくする器具を毎日寝る前につけるという過程。特に嫌がりもせず、一日のルーティンとして淡々とこなしている感じ。

低学年の時に無理してやらせなくて良かった。何事もタイミングってのがあることが分かった。まだまだ小学生なのだから、焦らず焦らずと自分に言い聞かせる。

スポンサーリンク