粉薬の飲み方LV3 2歳次男

ここ数日、次男君は風邪をひいている。両じじがローテーションで見てくれるので、保育園を数日休むことになった。じじに病院に連れて行ってもらい、単なる風邪を判明。今流行っているとのこと。まあ年がら年中何かが流行っているように思えるが。

で、薬局に行って、もらった薬は風邪の時にもらうおなじみの薬。もう何の薬が出てくるのか予想がつくようになった。解熱剤は、カロナール。咳止めはホクナリンテープ。あとは3種類の薬を混ぜた粉薬だ。今回はこの粉薬の飲み方についての成長について記す。

粉薬は飲ませにくいので色々工夫して来た。初めて粉薬を飲んで以来しばらくは、少量の水に溶かして、スポイトで口に運んでいた。次に、粉薬にごく少量の水を混ぜて、団子状にして、口の中に放り込んでいた。そして、今回、粉薬の飲み方が、3にレベルアップし、嫌がらずに普通に粉のまま口に入れて水を飲むことが出来るようになった。しかも5歳の長男君よりもうまく、粉薬を口の中に入れることが出来ている。スポイト作戦やお団子作戦よりも薬ロスが少ないので、その点でも良かった。

そしてこうなると、親及びじじばばは本当に楽になる。特別な用意をしなくても良い。次男君は、今のところ食事も自分で食べているので、どんどんお世話する内容が減ってくる。寂しくもあり、嬉しくもある子供の成長かな。

 

スポンサーリンク