読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炭水化物兄弟(4歳10ヶ月と1歳10ヶ月)

最近、食事状況。とにかく炭水化物偏重。特に長男君。ご飯、焼きそば、うどんなどなど基本的に主食の炭水化物が大部分を占めている。

おかずを作ってはいるが、食べさせるのは大変。あれこれごたくを並べては、時間が過ぎていく感じだ。私は小さい頃からおかず派だったので、ちょっとこのごはんラブな息子たちは理解できないところである。

次男君は、人参やさつまいもが好きなのは変わっていないが、徐々にごはんの比重が高まってきている。場合によっては、コメしか食べないこともある。これは長男君のまねをしているからだろうと思う。

 

おもえば、炭水化物特にごはん程、真偽不明の話から、偉い先生まで、良い話を悪い話がある食べ物も珍しい気がする。ごはんをやめろと言ったり、食べた方が良いと言ったり。中には「人類を滅ぼす」なんてのもある。

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)

炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)

 

 ↓こんなのもあったり

「炭水化物」を抜くと腸はダメになる (青春新書インテリジェンス)

「炭水化物」を抜くと腸はダメになる (青春新書インテリジェンス)

 

 何がなんだかさっぱり分からないけど、おいしいと思うものを適量食べればよいのではと思う。ましてや、体の成長が著しい幼児であるので、好きなだけ食べれば良いのではないかと思う。ただ、野菜と肉も一緒に食べさせねば。。。

スポンサーリンク