読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭島のトイベースという所から多摩動物公園

05.お出かけ(家族旅行、公園、動物園、水族館など)

10月8日は運動会の予定だったが、あいにく雨で、10月9日に順延となった(がこれを書いているのが10月9日の夕方。今日もなし。。。)。

気を取り直して、雨でも遊べるところを妻と探した。ボーネルンドのキドキドとか立川のららぽーとは混んでいるだろうなあと思い、他をさがし、妻が昭島にある「トイベース」というところを探してきた。

トイベース

toy-base.jp

特徴としては、

  • 子供が運転できるバッテリーカー
  • ボルダリング

といったところ。場内はさほど広くなかったが、そんなに混んでもおらず。

長男君はバッテリカーの運転に熱中。私がバックのやり方を教えたら、バックばかりしていた。二人乗りのバッテリカーもあったので、次男君も乗せてみると、それなりに楽しんでいた。二人の後ろ姿が何とも微笑ましかった。

バッテリーカーの次はボルダリングに挑戦したが、すぐにギブアップ。よく分からない言い訳をして、回避。

京王レールランドに行かず 隣の多摩動物公園へ

ここに長いをすると、金がかさむので、次なる目的地を探し、多摩動物公園隣の「京王れーるランド」に決定。いざ出発あんど到着。予想通り、雨のため周辺の駐車場はガラガラ。いざれーるランドへと向かう途中、長男君「動物園の方がいい。」。

はい、目的地変更。多摩動物公園に行きました。幸いなことにそれ以後雨は降らずに、あちこち見られた。今回初めてみた「モグラ」とライオンに長男君は食いついていた。次男君は、あれやこれや見ては「あー」とか大きな声をあげていた。よかったよかった。私は、後半ほとんど、坂だらけの多摩動物公園を歩き疲れた長男(17kg)次男(10kg)を肩車して歩き回り、へとへとな1日

 

多摩動物公園 (東京公園文庫【6】)

多摩動物公園 (東京公園文庫【6】)

 

 

 

飼育係が見た動物のヒミツ51

飼育係が見た動物のヒミツ51

 

 

 

昆虫の国―多摩動物公園昆虫生態園をつくる (Keyaki books)

昆虫の国―多摩動物公園昆虫生態園をつくる (Keyaki books)

 

 

スポンサーリンク