ハサミ職人な長男君3歳

少し前の話。

長男君が通っている保育園では、3月にその年度で製作したものや写真を保育士さんが冊子にまとめてくれる。これが本当に楽しみ。親にとっての一生ものの宝物だ。息子の可愛さ+保育士さんの想いがつまっている。

 

その冊子の最後のページにお世話になった保育士さんからのコメントが書かれていた。色々書かれていたのだが、3人とも同じ意見だったのが、「長男君はハサミが上手」ということ。

 

ふっふっふ。ハサミは1年前から仕込んでいたのよ。

yunotatsu.hatenablog.com

そもそも、息子君が2歳になった頃にハサミを使いたがっていたので、最初は一緒に手を添えてランダムに切ることから始め、自分で紙に切り込みを入れ、まっすぐ切れるようになり、円を切れるようになったりと段々とレベルアップさせてきたのだ。

最近は、新聞のちらしをよく切っているのだが、車とかピザを上手にくりぬけるようになった。切ったものをのりやテープで貼ったりして何かを作っている。(まだテープはうまく切れないので助けてあげている。)

 

3歳になり、どう進化していくのか楽しみだ。親としては自然な形で手助け出来ればいいな。

 

スポンサーリンク