読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハードだけど、好きだからやっている」はプロの仕事じゃない

06.言いたいこと他諸々

某企業の問題について、↓のような記事があった。

【電通に強制捜査】「ハードだけど、好きだからやっている」「就業管理、厳しくなった」長時間労働で批判集まる電通、社員の本音は… - 産経ニュース

「好きだからやっている」ってのは、危ないキーワードだというのは多くの人が語っていることであり、私もそう思うが、私の解釈では、それってまったくプロの仕事じゃないということだ。

決められたルールの中で、結果を出すのがプロの仕事。特にマネージャー層がそうあるべきで、ルールの中で最良の結果が出る様な体制を構築しないといけない。そこが出来ずに、「好きだからやっている」で済ませてしまうのはプロじゃない。

私の周りのマネージャー層にも、「好きだから」と自分で勝手に仕事を膨らませて、それを部下にふってむやみに作業時間を増やし、そんな状況を会社から怒られると、「こんなにやっているのに」と逆ギレする奴がいるが、40歳超えてお前なに遊んでいるんだって話だ。

決められたルールの中で、仕事の取捨選択、方向性を指し示すのがマネージャーとしてもプロの仕事だ。

という様なことを、ネットの記事を読んで思った。

まあ、経営幹部がプロじゃないとマネージャー層が板挟みになってしまうケースもあるので、そこでどう戦うかというサラリーマンにとって難しい問題もあるのだが、今は追い風が吹いているし、そんな状況でも頭をフル回転させ状況を変えていかないといかんと思う。

スポンサーリンク