おしゃれなコーヒー屋は高い 仕事中飲むならコンビニコーヒーで良いと思う

f:id:tsundokusyo:20140907140025j:plain

おしゃれなコーヒーは高い

スタバについて言及していたエントリ(スタバの敷居の高さに怯える)を読んでいて思ったこと。都心(だけじゃないかもしれないけど)のオフィス近くのオシャレを売りにしているコーヒー屋ってやたらに高く感じる。都心にある私の仕事場の近所にあるコーヒー屋の一番小さい普通のコーヒーの価格は

  • スタバ      S280円
  • セガフレード   P330円
  • 上島珈琲店         S350円
  • タリーズコーヒー   S310円

量の違いはあるだろうけど、普通「あそこは50ml少ない。」とか考えて飲まないから一杯は一杯と考えて、まあ大体一杯300円くらいとする。

  • それを一日2杯飲むとすると600円かかる。

一日の飲食でいくらかかるか

その他、一日の飲食関係では、

  • ペットボトルとかで飲みのもを2本買ったとして300円
  • 都心オフィス近くで食べる昼飯が800円

くらいはかかるだろう。 600円+300円+800円で一日1,700円。一ヶ月(20日)だと34,000円。年間で約40万。相当な出費だ。

 

コンピニコーヒー+でかいペットボトル+弁当(おにぎりだけでも)

そこで、私が実践しているのは、

  • コンビニコーヒー100円×2杯
  • 2lペットボトル 100円
  • 昼飯は弁当(原価300円程度と仮定)

これだと、一日600円、月12000円、年14.4万と大分節約出来る。

 

まずはコーヒーをコンビニコーヒーにしてはどうか。

弁当は作るのが面倒であれば、ご飯をラップにくるんでおむすびを数個持っていくという手もあるが、朝が弱い又は料理が嫌い等でなかなか難しい人も多いだろう。

そこで、まずは、いつも飲むコーヒーをコンビニコーヒーに変えることから始めるのはどうだろうか。それだけでも年間10万程度は節約出来る。仕事中に飲むのであれば、コンビニコーヒーで充分だと思うが、どうだろう。

スポンサーリンク