白票 という参加方法~大阪市長選挙の結果を見て

今朝のニュースで見たが、大阪市長選挙で、六万票の無効票(うち四万五千が白票)が、出たとのこと。橋下市長への不信任を無効票という形を表現したということなのだろう。

個人的には、橋下市長に対して特に好き嫌いはない。無効票は組織的に行われたものかなとも思ったが、そういう情報は知らない。この選挙について、どうこう思ってはいない。

で、私がこのニュースを見て思ったのは、白票も力を持つことがあるということ。何故ならば、白票が大量にでたという事実は、信任という点でかなりマイナスなので、思い通りに政策を進めることが、難しくなるからだ。

もちろん今回は有名人の選挙であり、マスコミがこぞって報道し、より無効票の存在が強調されることになるので、より政策運営に影響が出てくる面もあるだろう。そもそもマスコミが報道しないような選挙区で、無効票をいれて意味があるのかという疑問は浮かぶ。

それでも、選挙に行かないよりは、無効という形で、いしを表現した方が良いのではないか。
特に最近感じることだが、投票したいと思う候補が本当に少なくなった。選挙の度に、誰に入れるべきか消極的でも選べないことがある。白紙票はそういった場合の選択肢としてるのではないかと今朝のニュース見て感じた。

本来、無効票は後ろ向きな行為であり、望ましいことではない。出来るだけ無効票は避けるのが原則なのは理解している。
ただ、一票入れようと思える候補者がいない。これが、一番の問題だ。

スポンサーリンク