読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事上の話 年上の人間をどう動かすか

仕事上、現在考えている事。それは年上の社員をどう動かすかということだ。これは良く言われる「年上部下」の話ではなく、「同級であるが年上」の社員の話である。指揮命令系統上は関係ないのでどう進めるかという話であり、「年上部下」よりも難易度が高いと思われる。

 

これはどういう話かというと、部長クラスの人間から、私中心にとある仕事を進めて欲しいという任務が来ているのだが、その仕事を進めるメンバーは私よりだいぶ年上であり、かつ私と同級であるが、私より給料のランクは高い人間だ。

「私中心に」という指令が新しくきたということは、そのひと達の働きはイマイチであるということなのだろうが、まあ「私中心」ということについては面白くないであろう。そこの気持ちの部分が一番難しいところ。次に手や足は動かないだろうなあと思われるところ。

そもそもこのとある仕事は、私くらいの歳の人間の下に30歳過ぎたくらいの人間を数人配置するのが一番スムーズにいくのだが、それを上の人間でどう進めれば良いのか。

でも良く考えてみると、これからの社会人スキルとして「年上をマネジメントする力」は価値が高いスキルであると思うので、自分なりの方法論を確立していきたいと思う。

が、しかしそれにしても難しいなあ。。。手や足をどううごかさせるか等々の悩みは尽きないのであった。

 

年上の部下とうまくつきあう9つのルール

年上の部下とうまくつきあう9つのルール

 

 

スポンサーリンク