否定の言葉 2歳児息子編

巷では「いやいや期」とか「魔の2歳児」なる時期があり、多くの2歳児が「いやいや」と叫んでいる様子だが、うちは少し前まで、「いやいや」じゃなく「ない」だった。

親:「ご飯食べる?」

子:「ご飯ない」

親:「保育園行くよ」

子:「保育園ない」

と、こういった調子で何でもかんでも「ない」な息子君だった。

 

それが、次は「違うない」に変わってきた。

親:「ご飯食べる?」

子:「ご飯違うない」

親:「保育園行くよ」

子:「保育園違うない」

といった感じに。

 

これが、最近はもっとはっきりした表現の「嫌い」が増えて来た。

親:「ご飯食べる?」

子:「ご飯嫌い。」

親:「食べないの?」

子:「嫌い。」→ぱくぱく。

嫌いなのにご飯はよく食べる。

親:「保育園行くよ」

子:「保育園嫌い」

親:「今日プールだよ。」

子:「プール嫌い」→玄関にダッシュ。猛ダッシュ。

 

更に、最近は「最後」という言葉も多発している。

親:「もうDVDはおしまい。さっき見たでしょ。」

子:「違う。最後。最後。」

親:「これで最後だよ。これ終わったらお風呂だよ。」

子:「違う。最後。最後。」

とこどもちゃれんじorアンパンマンDVDを見たのち

親:「さあお風呂に行くよ。」

子:「違う。最後。最後。」

親:「さっき最後って言ったよね。お風呂だよ。」

子:「最後。最後ー。」→泣く

親:無理矢理風呂に連れて行こうとする。

子:号泣&えびぞり。

というような展開となる。

 

さてさて、今後はどんな言葉が出てくるのか楽しみだ。

スポンサーリンク