ゆのたし家 〜父親から見た男の子2人子育て〜

フルタイム共働き一家の日常です

家族旅行シリーズ 伊豆高原の巻その② 下田海中水族館とイズー(体感型動物園 iZoo)に行く

昨晩、伊豆高原で一泊。雨は降らない予報ではあったが、小雨が降っている。そこで行き先を「下田海中水族館」に決めた。一時間ほどかかったような気がするが、下田に到着。雨も止んでおり、ナイスチョイス。

下田海中水族館は、長男君6歳小学生一年生が、まだおむつをしているときに行ったことがある。その時は、割と早めにぐずってしまって、あまり見られずに帰ったような記憶がある。

で、今回は、息子君たちもそれなりに大きくなり、前回よりもあれこれ見られた。で、ここの目玉は、HPを見ればわかるのだが、「イルカ」である。我々が入場すると、イルカショーが始まっていて、しばらくすると、「アメージングシート」のお客さんの上をイルカがジャンプ。かなりの迫力。我々はやらなかったが、これはお勧め。びっくり感がすごい。

あと。一緒に海に入ってのふれあいもあるが、これは小学校5年生以上。これもイルカが好きであればやってみると面白いだろう。ここの水族館はそれほど混んでいないし、ふれあい料金もそれほど高くないので、やってみる価値はある。

昼過ぎに水族館から移動を開始し、

www.izoo.co.jp

に向かった。イズーでは、蛇を首に巻くコーナーがあるのだが、それに臆病者の長男君がどう反応するかを見たいというのが、今回の目的。

中に入ると、沢山の人。息子君たちは、怖がって泣いて帰りたいとか言うのではないかと予想していたが、トカゲやらヘビ、やらカメやらワニやらを結構楽しく見て回っていた。通路に亀がいたり、ふれあい要素もたくさんあった。

最後の方に差し掛かったところで、ヘビを首にまいて撮影するコーナーが見えてきた。長男君に「やる」と聞くと「やる」と答えたので、撮影コーナーに並んだ。いつものパターンだと、順番が近づくと、「やっぱりやめる。」となることが多いので、どうかなと思ったけど、さすが小学一年生になり成長したのか、そのまま順番が来た。

家族4人で座って、蛇を首の後ろにまいたのだが、長男君はヘビの頭の方は拒否。家庭内パワーバランスにより、私がヘビの頭側で、ヘビの頭を手のひらに乗せる係となった。ヘビさんは近くで見るとかなりかわいい。まあそれはさておき、長男君は一応ヘビのしっぽを首に巻いていた。あの弱虫長男君がここまで成長したのかと親としては感動した。ちなみに次男君は長男君の横に座り、平然としていたのであった。

 

三栄ムック 爬虫類王国 ?iZooオフィシャル完全ガイド?

三栄ムック 爬虫類王国 ?iZooオフィシャル完全ガイド?

 

 今回は行かなかったけど、近くに

www.kawazoo.jp

 というのがオープンしたようなので、次回は「カエル」も見に行かねば。

 

スポンサーリンク