長男君 やっと面白い本に出合えた

長男君が幼児の頃から、「本好きになってくれれば」と願い、「物語」の本を読み聞かせたり、興味を持ちそうな本を買ってみたりしたけど、「物語」はほとんど読まずに、何かと何かが対決する空想本とか、妖怪の本とか、うんちく的は本とか、図鑑的な本とか、言葉は少なく絵を眺めるような本ばかり読んでいた。

何も読まないよりはましだけど、やはり「物語」を読んで欲しいなあと思っていたところ、最近になって、一年くらい前に私が買った、教科書の推薦図書にあった「ドングリ山のやまんばあさん」という本をなんとなく読みだして「これは面白い。こういう本が読みたい。」と言ってきた。

やっと「はまる」本が見つかった。私はそのことがうれしくて、このシリーズをさらに購入。長男君は「これこれ」と早速読み始めた。

そして、このシリーズを読み終えた後に「これこれ」と食いつく本を見つけねば。。。と私はネットで子供の本を探し始めるのであった。

 

スポンサーリンク