カブト・クワガタが最近のマイブーム

山形家族旅行の最終日、虫が好きとは言えない息子達のために、カブトムシをゲット。大切に持ち帰り、100均で土やらゼリーやら箱やらを購入。箱の中を家族全員で箱を取り囲みじっと観察。思ったより楽しい。。。その時から我が家はカブトムシを中心に時間が過ぎていくようになった。。。

 

のもつかの間の出来事。二日目の夜に動かなくなってしまった。思えば、やたらひっくり返ったり、動き回ったりしていたので、もう寿命だったのかもしれない。もしかすると飼い方が悪かったのかもしれない。などと、悲しみにくれる私。

 

箱の中に何もいないのも寂しいので、東京は多摩地区というカブトも割と生息している地域に住む人間として、少し車を走らせ、夜の森を長男君6歳とうろうろ。途中、他の虫取り少年と合流し、3人で小一時間探した。結果、コクワガタオスメスをゲット。見つかってよかった。

帰宅後、さっそく箱の中に入れて、観察開始。がしかし、コクワガタが小さいのもあるが、ほとんど、土の中か朽ち木の後ろ等に隠れて、動いているところが見えない。妻はあまりにも会えないので、段々と興味を失っていった。

が、私は逆に少年の心を取り戻し、クワガタの飼育にはまりつつあり、カブトムシ・クワガタムシ飼育のHPを見ながら勉強する毎日となった。虫取りに行くのも楽しいし、育てるのも楽しい。もうシーズンが終わりに近づいているので、来年のシーズンで何をするか妄想中。

 

カブトムシ・クワガタムシ (小学館の図鑑NEO)

カブトムシ・クワガタムシ (小学館の図鑑NEO)

 

 

スポンサーリンク