ゆのたし家 〜父親から見た男の子2人子育て〜

フルタイム共働き一家の日常です

朝、長男君を見送る→寂しい感覚

毎朝、近所のこどもたちと一緒に登校している小学一年生の長男君。私は家の前まで一緒で、そこで「行ってらっしゃい」。これが結構寂しい。

いままで五年間も一緒に保育園に行っていたので、もうそういうこともないのだなあと、しんみりする。

学校にもだいぶ慣れた様子だし、これからどんどん独り立ちをしていくのだなあ。親としては、電信柱の影からそっと見守っていくしかないのであろうなあ。

 

その代わりといってはなんだが、小学校は親も地域活動て大忙しなので、そちらで、気を紛らわすかなあ。

 

スポンサーリンク