ゆのたし家 〜父親から見た男の子2人子育て〜

フルタイム共働き一家の日常です

掛け布団をかけて寝ている次男君2歳10カ月

今日も何とか2人を寝室まで運び、部屋を暗くしたものの、次男君ソフトビニール人形で遊び始める。「ととこっちにきて」と言ってきたが、寝たふりをし、やり過ごし、しばらくたつと「ぐー」と寝た気配あり、静かに頭をもちあげ次男君の方をみると、敷き布団のはじから頭だけ見える。よーくみてみると、敷き布団の下に体を入れていた。敷き布団を掛け布団にした感じ。私はしばしその姿を鑑賞したのち、正しい位置に戻したのであった。

 

ちなみに長男君は、寝室に到着後数秒で寝た。いつもそうである。

スポンサーリンク