「保育園おちた〜」から考えたこと① 

 ↑財源あるじゃん。

なんかこの政策減税ってやつは、大企業が恩恵を受けているようだ(ソース日経新聞、朝日新聞)。トヨタも相当恩恵を受けているって新聞記事にあった。円安でも儲かっているのだから、そんな減税いらないでしょ。

大企業よりもこどもに金をかけた方が断然良いわけで、1兆円に加えてαバラマキの3000億等まだかき集めればありそうだから、一気に集めて、一気に金を保育士さんたちの待遇アップ及び保育所の新設とかバウチャーがどうのとか出来ることを進めれば良いじゃない。

今の日本は、産業構造が変わっているのに成長分野への転換が出来ず、衰退していく会社みたいなものだ。今は子供を増やすことが最優先課題(成長分野)なのだから、そこに経営資源を優先的に投入するってのが正しい経営のありかただと思う。出来ないじゃなくて、どうやったら出来るかを考えるのがサラリーマンでもない政治家の役割だと思うのだが、何ですぐに決断実行できないのかなあ。

スポンサーリンク