出産祝い もらってうれしかったもの

昨日、はてなトップ画面に「出産祝いでもらってうれしくなかったもの」というような記事が出ていたのでちょっと覗いてみると「靴は微妙」等々。更にハテブのコメントまで読んだ。現金が良いとか、出産時に役に立たなくても後々役にたつ等色々なご意見を皆さんお持ちの様子だった。で、それを読みながら、うちはどうだったかなあと思い返してみた。以下、私の感覚。

もらったもの

服   →量が必要なのでありがたや

タオル →沢山あっても困らない。ありがたや

おむつ →ありがたや

靴   →足が大きくなった時に重宝するありがたや。

皿   →今も使っている。

要は何でもありがたかったということだ。

現金

両方の両親や親戚からは現金が多かった。ものすごくありがたいことだ。

現金を両親・親戚以外からもらうことはなかったけど、それ以外の友人等からもらう物としては現金はちょっと「ぎょ」としてしまう気がする。現金は心がこもっていないとまで言うつもりはないけれど、選んでくれた何かの物の方がぐっとくる。「ものは迷惑、現金が一番」というような気持ちにはなれないな。

 

 

 

スポンサーリンク