読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歳児のプール問題

01.息子達log

プール嫌い

長男君3歳はプールが苦手だ。というよりも、顔に水がかかるのを極端に嫌がる。最初、皆お行儀よく遊んでいるうちは良いのだが、慣れてくると水のかけあいから、激しい遊びに移行する。当然、顔に水がかかり、長男君3歳は泣いてしまい、小さいブールかお庭に逃げてしまうそうだ。

プールがあった日は毎日「どうだった。プール楽しかった。」と妻が聞く。それに対し、「うぇんうぇん泣いちゃった。」と答える長男君。妻は「このまま泳げなくなったらどうしよう。」と心配する。小学校にあがったら否応無しにプールの授業があるからなあ。

保育園の先生には、「顔に水がかかるのを嫌がるけど、どんどんやってください。」と言ってある。保育士さん達は、我々夫婦の意をくんでくれ、タイミングを見ながら、水をかけたりしてくれているとのこと。

くらげ泳ぎ

その成果が出たのか、今日は大きいプールに最初から最後までいたとのこと。先生には「くらげ泳ぎ」を見せたと長男君が言っていた。「泳ぐ=顔に水」と思い、「すごーい、顔に水つけられてんだねえ。偉いねえ。」というと長男君「くらげ泳ぎは、じゃばーんしない(顔に水をつけない)。」とのこと。

でも、少しずつ前に進んでいる。そんな少しずつの成長を見るのも楽しい。

 

スポンサーリンク