40歳になった。。。

そういえば、40歳になっていた。

40歳になったからって急に何かが変わる訳ではないが、40歳が近づくにつれて、「不惑」とは言えないが、少し大人になったかなあと感じる。

 

30代前半から中盤は気持ち的にはまだまだ若いというか未熟というか、兄ちゃんって感じだったが、30代後半の後半になってそれが少しずつ変わってきた。もちろん会社では他人に嫉妬もするし、評価されなさに憤ったりもする。家では妻との見解の相違にイライラすることもしばしば。しかしそんな時でも、「まあ人生こんなものか。」とか「まあ仕方がない。」とか「「まだまだ人生は長いから焦らないでじっくりやろう。」なんて気持ちを整える余裕が多少なりとも出てきた。

 

よく仕事は30代(35歳とか)で先が見えるとかいう話も聞くが、40歳になってみると、そう一概に言えないなあとも感じる。まだまだこれから何が起こるかわからない。

私の人生の予定では、少なくとも80歳までは働くことになっているので、ちょうど折り返し地点に来た。まだまだ先は長い。焦らず色々な可能性を広げていくときなのかもしれない。そのために、今の仕事以外にも何か仕事を作りたい。そうすることによって、長く働ける可能性が高くなる。今は正直子育てでうまく進まないけど。

ただ、なんにせよ心と体の健康が一番重要だ。40歳としては、健康で過ごすことを第一の目標にしたい。「心が崩れるだいぶ手前で逃げる。体が崩れるだいぶ手間で休む。」ことが大事かと思う。

 

 

しかし、「40歳からの〜」といったハウツー本って星の数ほどあるのね。なんとなく人生の区切りみたいな感じなのだろうか。

本当のモテ期は40歳から (メディアファクトリー新書)

本当のモテ期は40歳から (メディアファクトリー新書)

 

 

スポンサーリンク