日本の昔話を読み聞かせ

長男君3歳。相変わらず、ずっとぶつぶつ何かをしゃべっている。今までは何を言っているのか理解できなかったが、最近は空想上物語を自分で作れるようになり、その物語を中心に一日中何かをしゃべっている。

「むかしのむかしのだい。おじいちゃまとおばあちゃまが〜〜。〜〜。おしまい。」といった調子。しかし「だい」は何なのかは分からない。今度保育士さんに心当たりを聞いてみる。

 

そんな様子を見て、空想の力をつけるため、ストーリー性のある本を読んであげようと妻と相談し、まずは日本の昔話から伝えようと思い、「まんが日本昔ばなし」の小冊子と「ももたろう」を購入した。

「まんが日本昔ばなし」は文庫くらいのサイズ。小さすぎるかなと思ったけど、長男君は気に入って、一日に何度も読んでくれとせがんでくる。

同じく「ももたろう」も気に入って、こちらも何度も読んだ。

 

まずは作戦成功だ。

 

まんが日本昔ばなし〈第1巻〉

まんが日本昔ばなし〈第1巻〉

 

 

ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)

ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

スポンサーリンク