いとこに会いに行く 息子君2歳11ヶ月

私の弟の家に行く

今日は、私の弟の家を訪問。車で2時間半。昨年生まれた息子君の従兄弟に会いに行った。弟が出来る息子君の予行演習ってとこだ。週半ば時点では、息子君の中耳炎等で無理かなと思ったけど、鼻水もだいぶ良くなったので行くことにした。

3歳の従姉妹と遊ぶ息子君

12時くらいに到着。急におおきなおじさん(私)が来たので、弟の娘3歳が怯えていた。しかし、30分で打ち解けて、私と風船で遊び始めた。すると息子君も私を介して積極的に絡み始め、しばらく経つと同い年の二人で遊び始めた。

赤ちゃんを意識する息子君

ただ、息子君は布団に寝ている小さい赤ちゃんのことが気になり、チラ見しながら遊んでいた。たまに、近寄って「赤ちゃん」とか言ったり、妻の影に隠れながらじっと見たり、楽しく遊んでいるけど、何か落ち着かないそわそわした感じ。しばらくすると「うちにも赤ちゃん出来るの。」と言ってみたり、赤ちゃんにおもちゃを渡そうとしたり、息子君も何か思うところがあったと思われる。まあ、なんとなく、赤ちゃんはこういうものだということが分かったことだろう。

私も改めて赤ちゃんはめちゃ小さくて軽いってことを思い出した。そういえば、息子君の時は、体重は軽いのだけれども、何かあったらいけないと顔面に無駄に力が入り、あごがずれて口が閉まらなくなったことがあったなあ。あの時は本当に恐怖だった。このままあご外れたままだったらどうしようって。

きみは赤ちゃん

きみは赤ちゃん

 

 

番外編 文句

しかし、どあの圏央道と東名のつなぎはどうにかならないものか。折角圏央道つながったのに、ジャンクションで大渋滞。なんだかなぁ。

東名高速をゆく (“高速道路の代名詞”を全方位に楽しみ尽くす!!)

東名高速をゆく (“高速道路の代名詞”を全方位に楽しみ尽くす!!)

 

 

 

スポンサーリンク