「叱らなくていい子育て」を読んだ 大人に余裕があることが必要→フォロー体制構築が大事

これ読んだ。

保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」 (PHP文庫)

保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」 (PHP文庫)

 

作者の須賀さんという元保育士方のブログを本にしたとのこと。1974年生まれだそうだから、私のいっこ上だ。なんというか大人だなあ。随分と差を感じる。

大人に余裕があることが大事

内容詳細に興味のあるかたは読んでいただくとして、私が思ったこと。

  • 子どもと懸命に向き合う
  • 子どもを受け入れる

ことが一番大事ということ。

で、懸命に向き合うためには、まずは大人に余裕があることが一番必要な事だと感じた。

気持ちが切羽詰っていたり、体が疲れていたりしたら、心に余裕がなくなり、子供にも不寛容になる。だから、一番大事なのは「大人の余裕」だ。

周囲のフォロー体制を構築することが大事

しかし、「大人の余裕」といっても仕事や家事育児に追われ余裕がないというのが現実。

その余裕を作るためには、周りのフォローが不可欠。パートナーだけじゃなく、両親、近所付き合い、行政のサービス。そういったものを総動員して余裕を作る。その家庭なりのフォロー体制を構築していくことが大事だなとおもった。

まあ言うはやすしってことで、それが出来てりゃ苦労しないって話なのだけれど。

 

スポンサーリンク