朝保育園へ出発するとき、家から出るのがいやいや期

今朝は6時少し前に起き、いつも通り3人分の朝ご飯⁺自分の弁当を作り、その間に妻が息子君を起こし、着替えをさせたり面倒を見、3人でご飯を食べた。最近は、妻が先に会社に行くので、私が息子君を保育園に連れて行くことになる。

家を出ようとしない

それで準備完了し、いざ出発という段になると、

  • ミルクが欲しい
  • 本読んで
  • テレビ見る
  • 外は行かないのー。
  • 2階で寝る

など色々な理由をつけ、何とか外に行かないように駄々をこね始める。

さすがに、長時間は付き合えないので、「とと先に行くよ。」と言うと、「行かないのーーー。」と大泣きをはじめ、床に這いつくばり動かなくなる。

何とか起こすも、今後は「インターフォンの画面を見る」と言い始めたり、電気をつけたり消したりし始める。

やっとのことで玄関まで連れてくると、今度は私の体を登り始めたり、終わりのない遊びを始める。

そんなこんなで、家を出ようとしてから実際に出発するまで少なくとも20~30分程度はかかってしまう。

抱っこ

家を出たのはよいが、泣いた後大体のケースで「抱っこ」となる。あとは、その時の機嫌次第で、機嫌が良ければすぐに自分で歩き始めるし、機嫌が悪いと保育園までの15分程度の道のり全部抱っこという事になる。また、歩いてくれたとしても、道草王なので、あちこちに寄り道してなかなか前に進まない。

そんなこんなで、会社に着くころには既にへとへと状態になる。それは体が疲れるというよりも、精神的な疲れの方が大きい気がする。まあ、かわいいからいいけどね。

 

 

「イヤイヤ」ばっかり言わないで!―“魔の2歳”を楽しく乗り切る30の方法

「イヤイヤ」ばっかり言わないで!―“魔の2歳”を楽しく乗り切る30の方法

  • 作者: デビッド・ボーゲニクト/ジェームズ・グレース,森田由美
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/03/14
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

スポンサーリンク