毎日朝ご飯を作る 家事が出来るじいちゃん達

先日とある地元の会合で、私が家事や育児をするという話題になったときのやり取り。

(50代男性)

  • すごいねえ。今風というべきか。俺は何も出来ないや。

(恐らく40代女性)

  • うちの旦那は、何もしない。

(80代男性)

  • 私なんか朝御飯は自分で作るよ。味噌汁なんか、ちゃんと昆布とかで出汁をとる。そうしないと美味しくない。具も毎日スーパーまで買いにいく。自分の味もあるし。朝起きて、ご飯作るのが日課だよ。

(料理しなさそうなイメージの70代男性)

  • 実は俺も朝御飯作っている。味噌汁も作る。早く起きて早く活動開始したいからな。

(気っ風のよさが特徴の80代のおじいちゃん)

  • 何時もじゃないが、てめえの理由で出掛けるときは、てめえで、ご飯も含め準備している。


これが一般的か分からないけど、少なくともこの会合では、おじいちゃんはご飯を作るのが当たり前という結果になった。

そういえば、私の父(70代)は、母に強要されてというのもあるが、料理はそれなりに作ることが出来る。息子君にもいつも自分のお手製の料理を作り食べさせようとする。息子君が食べないと、食べてくれなかったと落ち込む。仕方がないから、息子たる私がたべてあげるのだが。
一方、妻の父(60代)は家事は全くしたことがない。スーパーにもほとんどいかない、妻の母がスーパーにおつかいを頼んだはよいが、レジに並んだことがないので、大丈夫かと心配される始末。

少なくともこの会合では、40代50代60代は家事をせず、70代以上が、かじをしているという結果となった。何か世代的傾向でもあるのかな。

それにしても、80歳になっても、家事してますというおじいさまはかっこいい。隠れ家事じいさまは、実は沢山いるのかなとも思った。

スポンサーリンク