息子熱 妻が休むことに 悔しがるオヤジ(私)

息子君38℃の熱

昨日の夜息子君寝かしつけの後、夫婦で家事をしていると、「かかー」と叫び声が聞こえ、妻が行くと、熱っぽいとのことで、熱を測ると38℃あった。 なかなか寝付けない様子で辛そうだったので、この時点で今日の保育園は休むこととした。 それで、じじばばの予定を調整したが×で、夫婦どちらかが休むことになり、今回は妻が休むこととなった。 私はサラリーマンだけど、かなり自由に動ける(と割りきっている)一方、妻はそうでない職種でもあり、基本的には、子供関係の急な休みは私が対応しようと思っていたが、今週は勝負の準備で休めないので妻にお願いした。

少し悔しい

これは完全に個人的な考えだが、妻が女性だから当然に休むと思われるのは頭に来るし、うちの会社でも、後輩達が急なトラブル時に休みやすいように、ある程度のことが許されるというか無視できるオヤジが率先して事例を示すことも大切かなあと思っているので、今回妻を休ませたのは少し悔しい。

もっと悔しい

更に、プロサラリーマンとしてはそもそも急な休みでも対応出来るように、普段から段取りしておくべきなのに、今回対応できなかった事が一番いかん。もっと厳しめの締め切りを設定した猛烈な締め切り効果とやるべき事の厳選、後輩への効率的な指示等を徹底せねば。出来ることが出来ていない。本物のプロサラリーマンへの道はまだまだだ。

(これはあくまで私個人的な目標です。)

スポンサーリンク