2歳にして気を使う息子君

今日の息子君2歳

息子君4時に起きて

「オレンジジュース飲むー。」

飲んだ後に、布団に戻ると、猛烈な勢いでごろごろローリング。1時間程度ぐるぐる回った後に、「ミルク飲むー。」とフォローアップミルク200ccを飲む。元気に保育園に行ったものの、どこまで持つか。

 

夕方

今日は、遠方に住んでいるじじばばが、仕事休みの日だったので、夕方から面倒を見てもらう。3人で歌い踊り、夕飯も沢山食べたとのこと。

 

妻帰宅

今日は、妻が早目に帰宅し、じじばばに合流すると。

息子君

「お母さんかなあー。アッお母さんだー。かかー。」と妻の方に猛烈ダッシュ。

「ただいまー。」

息子君じじばばに向かって

「ばいばーい。」

じじ

「おい。まだ早いよ。」

息子君

「ばいばーい。」

ってなやりとりがあったそうだが、その後も息子君はじじばば達と楽しく遊んでいたとのこと。

 

じじばば帰る

そうしてじじばばが帰ることになり、玄関で

息子君

「ばーいばーい。」と今日最大級の元気なデカい声。

ちなみに息子君は妻譲りのデカい声の持ち主。

 

そして、じじばばが「じゃあね。またね。」とドアを閉めたとたん

ばたりと、急に床にうずくまる息子君

「。。。寝りゅ。。。ミりゅく。。。」と、か細い声。

その後、妻に「かかー。」甘えながら、半分目を閉じたまま、ミルクを飲み、歯磨きをして、布団に入ったところ3秒で寝たとのこと。じじばばがいるうちは、ぎりぎりまで頑張っていたってことだろう。

 

息子君は2歳にして気を使う

じじばばだけでなく、そもそも両親以外の人に対しては、常ににこにこ笑顔を振りまき、元気なところを見せる息子君。その分親子3人の時は、甘えに甘え、かわいい暴君と化す。

我々夫婦やじじばば共通の見解として、息子君は「2歳にして気を使う繊細な子。」と見ている。ばばなどは、「気を使われているのが分かって、つらい。」とも言っている。

これは息子君の個性なのか、または2歳位の子はこういう反応をするものなのか、どちらなんだろうとふと思った今日一日でした。

スポンサーリンク