読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーお父さんが息子君2歳のために作った幼児向けの夕飯(単なる夕飯の紹介です。)

04.共働き(働き方・家事など)

今日も作るぞ夕飯を

今日は、妻のつわりが辛そうだ。しかし、夕飯は作りたいということで、今日は妻が台所に立つ。そこに息子君2歳が絡む

息子君:かーかー。あそんでー。

母親君:ととー。あそんであげて。

父親君:いいよー。

息子君:「かーか。ととない。あっちいってー。」

というようなやり取りがあり、父親君が夕飯を作ることになった。まあいつもの事なのだが。で、珍しく写真をとる余裕があったので、特においしそうでもないかもしれないけど、こんなの作った。でーんと紹介してみる。

 

  • さつまいもの甘煮
  • カレイの煮物
  • 鶏ささみとセロリの白すりごまあえ
  • 肉じゃが(鶏ひき肉)
  • 混ぜご飯

 

f:id:tsundokusyo:20140906191336j:plain

ポイントとしては、息子君が何を食べるか分からないので、息子君が食べそうなものを数品(さつまいも、肉じゃが、混ぜご飯)と新しいメニューを数品(カレイ、鶏ささみセロリ)

結果として、混ぜご飯大量、鶏セロリの鳥を少々、カレイを少し食べました。

 

さつまいも甘煮

サツマイモを切って、砂糖(多め)と濃口醤油・薄口醤油で煮る。

食べさせるときは、箸で小さく切ってから与える。

f:id:tsundokusyo:20140906191349j:plain

カレイ煮物 (未だ味が染みてなかった)

砂糖と酒みりん醤油で味付け

f:id:tsundokusyo:20140906191351j:plain

鶏ささみセロリすりごま

ささみは焼いて割く。あとは白すりごま大量とだし汁、醤油とゆずで適当に味付け

f:id:tsundokusyo:20140906191341j:plain

 

これらは、「日本のおかず」という本を見て作った(前にも紹介しております。)。

西さんは「京味」の方。簡単に美味しい料理が作れる本当に良い本。この本は周囲に絶賛お薦めしている。

あと良く使っているのは、「好き嫌いをなくす幼児食」。

 

色んな物を作って、子供に色んな味を体験させたいけど、なかなか食べないのだよなあ。まあ、これからもめげずに作り続けよう。

日本のおかず

日本のおかず

 

 

好き嫌いをなくす幼児食―心に栄養、頭に栄養

好き嫌いをなくす幼児食―心に栄養、頭に栄養

 

 

 

スポンサーリンク