健康診断結果 γ-GTP減少したものの全体的には悪化

先日、健康診断の結果が帰ってきた。一番気になっていたのは、γ-GTP。前回の検査で、96と要病院の数値に王手をかけていた。100越は脂肪肝の可能性があり、酒の飲み過ぎで病気になっている可能性があるという数値だそうだ。厳格な節酒や禁酒が必要らしい。 元々はかなりの酒飲みで、それなりの量を飲んでいたが、子供が生まれてからは、飲む量が激減しているのに数値が上がっていた。

で今年はどうかと結果を見ると63とやや下がった。良かった良かったと言うのもつかの間、他の数値が、今までにないくらいに上がっていた。 今までB止まりだったものが、CやDが、かなり増えてきた。腎臓がどうとか再検査の項目もある。 今まで30中盤までは、磐石の健康人間だったのだが、四十を目の前にし、黄色信号点滅だ。最低でもあと、30年は働かなくてはならないし、もっと生きなければならない。ここ一年くらいの目標に体を整えるを追加。運動の時間を無理やり何処かに確保することから始めよう。

年金やら税金の行く末を考えると、これから何10年も働く必要がある人は皆、70オーバー迄働く必要が出てくるのだから、まずは、自分の体を第一に考えないといけない。特に現実的には体力があり立場も弱い若者に体を削る仕事がいってしまうのだろうが、結局は会社も社会も誰も助けてはくれない。自分の身は自分で守らないといけないと考えて自分で防衛するしかない。

スポンサーリンク