息子君2歳児 男の子らしさの芽生え おちんちん等への興味

ここのところ息子君2歳4ヶ月は、男の子らしさが徐々に芽生えてきている。

上半身シリーズ
  • 食事時にスープを服の内側までこぼしてしまったので、服の内側にタオルを入れて体を拭いていたところ、私の手をはねのけ、胸の当たりにタオルを押し込み、「おっぱーい。」と言いながら、けたけた笑っていた。
  • 妻の胸を「おっぱいー」と言いながら触ることも良くある。ちなみに、私はそういうことは教えていない。どこで覚えたのだろう。まあ、遺伝の可能性もあるな。保育園でやっていたら、私が仕込んだと思われるのは間違いないだろう。まあいいけどね。
下半身シリーズ
  • 風呂から出て、身体や頭を拭こうすると、「やるー。」と言いながら、頭や身体を自分で拭き始める。親子ですっぽんぽん状態のまま居間に移動し、二人して頭や身体を「ふきふき」と言いながら拭いた。
  • で、大体身体が乾いたので、オムツを履かせようとするも「ないっ」と拒否。その代わりに、おちんちんをしげしげと見つめた後、おもむろに手にとりビヨーンと伸ばし始めた。皮が伸びきると「ながーい。ながーい。」と言いながらけげらげら笑っている息子君。「ちんちん赤くなっちゃうよー。」とか言っても、何度も「ながーい」と言いながら、伸ばすのをやめない息子君でした。皮のびちゃうぞ。

 我が息子。。。元気でよろしい!!!

スポンサーリンク