読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覇王食の覇気

01.息子達log 04.共働き(働き方・家事など)

とある雨の日の夕方。ゆのたつ家の食卓。ダイニングテーブルの上には、野菜軍と炭水化物軍、タンパク質軍が集結していた。

 

そこに、最悪の世代ルーキー「息子君・D・2歳」が姿を現した。

 

野菜兵「あれが最悪世代のルーキー。」

 

ストッケの椅子に座る「息子君・D2歳」。

周囲を見渡すとトウモロコシとニンジンの姿を発見「コーン~~~!!!」と言いながら「かっ」と目を見開いた(ル〇ィをイメージ)。

ばたばた倒れる、大根、ジャガイモなどのモブ野菜兵と炭水化物兵。

コーン、ニンジン以外の野菜兵は泡をふいて倒れていく。

辛うじて、ホウレンソウ、オクラ、インゲン及び七肉魚海のソーセージ、アジの干物は意識を保っている様子。

 

ニンジン 「おいおいまじか。」

ソーセージ「あの小僧。。。」

オクラ  「どうやら今のは・・・・無意識じゃのう。」

ホウレン 「やはり、持って生まれたか。」

アジ干物 「革命家父親君の息子だ・・・当然と言えば当然の資質」

インゲン 「気の弱いものは下がれ。ただのルーキーだとは思うな。」

 

コーン「奴をこの戦いから逃がすなよ。逃がせば必ず強大な敵となる。」

 

「コーーーーン。」再び叫ぶ息子君。「ぱくっ」コーンにかぶりつき、もぐもぐ食べ、ニコニコする「息子君・D・2歳」でした。

 

最近、特定の野菜以外は覇王食の覇気を使ってくる。まあ野菜食べるだけ良しとしよう。

 

スポンサーリンク