川の字 真ん中は息子君2歳

今週のお題「布団派? ベッド派?」

 

 子供が生まれる前は、30年間くらいはベッド派だった。が子供が生まれて少したち、万が一親の寝相が悪いときにぶつかっても平気なくらいに大きくなってから、確か半年程度経ってからは、布団にし、川の字で寝るようになり、現在に至る。

 息子君は寝相がどんどん悪くなり、2つの布団のあらゆる所に登場する。当然、かけ布団はすぐにはぎ取られるので、夫婦で気がついた時にかけるという作業を毎日続けている。最近はそれに加え、枕を二段重ねにしてそれにしがみつきながら、自分の気に入った体勢になるまでもごもご動き、しばらくして寝るというパターンが多い。いったん寝ると、体勢をかえても起きないが、しばらくすると、私の枕の所に攻め込んで来、追い出されるというパターンも多い。

 そんな感じなので、しばらく落下リスクのあるベッドは無理だろう。先日の旅行の際にどうしてもベッドの部屋になったときは、ベッドを強引に移動させてくっつけ、更に壁側に押すことで、落下リスクをヘッジした。ただ、その日はどうした訳か寝相が良く何の問題もなかった。

 この川の字がいつまで続くか分からないが、子供と一緒にいつまでも寝られる訳ではないので、今を大事に楽しみたい。

スポンサーリンク