家の前で狸を見た。

昨日、会社からの帰宅時、調度19時30分ころ、家の前で狸を見た。

私は、某東京の市部(真ん中よりも都心より)で、家の周りはたぬきが出てくるような環境ではないので、驚いた。他の動物と間違えたのでは、と家族に言われたが、間違いなくあれはたぬきだった。おそらく、少し離れたところには、たぬきが住めそうな林があるので、そこから来たと推測される。

 

帰宅後、たぬきについてネットで調べたが、都心でも目撃情報があるようなので、東京市部なんていて当たり前なのだろう。でも、市部とはいえ、のんびりあるいていると、車に轢かれてしまう。たぬき各位には本当に気をつけて欲しいものだ。

 

そんな東京のたぬきの生態を調べた本があった「タヌキたちのびっくり東京生活ー都市と野生動物の新しい共存」という本。面白そうです。

 

タヌキたちのびっくり東京生活 ‐都市と野生動物の新しい共存‐ (知りたい!サイエンス 35)

タヌキたちのびっくり東京生活 ‐都市と野生動物の新しい共存‐ (知りたい!サイエンス 35)

  • 作者: 宮本拓海,NPO都市動物研究会,しおやてるこ,四六
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 11回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

スポンサーリンク