村上春樹 「独立器官」読みました。

文藝春秋に掲載されている村上春樹の「独立器官」を会社帰りの電車の中で読みました。

また一回読んだだけなので、物語は深く読めておりませんが、こういう文書をかけるのが「小説家」なんだなと感覚的ではありますが、感じました。

淡々と進んでいくのですが、何か「無駄なものがない」「研ぎ澄まされた」感じがし、それでいて、何か心に響く。その何かがうまく言えないのですが、そんな感覚になりました。

村上春樹さんがよく使う音楽の比喩だと、

クリスチャンツィメルマンが弾くベートーベンピアノソナタ32番のような感じとでも言いましょうか。

ホールの残響のようなものが頭の響く。そんな物語でした。

時間をおいてまた読んでみます。

ではでは。

 

女のいない男たち

女のいない男たち

 

 

スポンサーリンク