息子2歳半 顔(目)に水がつくのが相当苦手

f:id:tsundokusyo:20141017222935j:plain

子供が言う事を聞かない時に親が使う言葉

  • 鬼が来るよ
  • お化けがでるよ
  • 悪いこいねーがー
  • もったいないおばけが出てくるぞー

などなど、日本全国津々浦々色々あると思う。

さて、我が家であるが、最近、なまはげ等それらと同等の言葉として

「そんなことすると、とと(私)とお風呂だよ。」

という言葉が誕生した。この言葉の効果は凄まじく、その言葉が発せられると同時に、何でも言うことを聞く、まさに魔法のキーワードとなっている。

その言葉誕生経緯

おそらく一か月前くらいからか、なぜか息子がとと(私)と風呂に入るのを嫌がり始め、今では、風呂に入る気配を察知すると、泣きながら逃げ惑うという行動に出るようになった。かか(妻)はゆっくりお風呂に入りたい人なので、毎日「ねえ、とととお風呂入らない?」と息子君に問いかけるものの、すぐに「とと嫌い。かかと入る。」となり、私と決して風呂に入ろうとしない。

で、実は何でそうなるのかと考えるまでもなく理由は明白で、それは、息子君は顔(特に目)に水がかかるのを死ぬほど嫌がるからだ。

これまで妻は、息子君の髪を洗うときに、顔に水がかからないように、仰向けにしてタオルに水を含ませて洗い流していた。一方、私は、仰向けにするまで一緒だが、あまり顔に水がかからないようにシャワーで流していた。

しかし、他の子たちは頭からジャーと水を流しているのに、いつまでもそんなことしてられないなあと考え、私は頭からシャワーをジャーとかけるようになった。

それに対し、泣け叫び逃げ惑う息子君。本当に全身全霊逃げ回るといった感じだ。

それが理由で、「ととない。かかと入る。」となっている。

 

今日のお風呂

で、今日、妻が居なかったので、私と風呂に入ることになったが、入る前から不安な顔で固まっている。頭を洗う前に湯船に入ったが、いつもなら大はしゃぎのところ、お地蔵さんのごとく動かない。

湯船から出て、いざ頭を洗おうとすると、事情を察した息子君、「とと嫌い。」を連発し、泣き叫び、逃げようとする。そこを捕まえてシャンプーでゴシゴシして、いざシャワーで洗い流した。

が、息子君は異常にむせてしまって、ゲホゲホもどしそうになってしまった。あわてて、顔に水がかからないように頭上の泡を洗い流した。その後も落ち着くまでに少し時間がかかってしまった。今日はやりすぎた。とと反省。

風呂から出て、大分落ち着いて「ととの事嫌い?」と聞くと「嫌いくない。」と言ってくれた。よかったよかった。まあ、いつかは平気になると思うので、ゆっくりやっていこうという今日の反省でした。

スポンサーリンク