読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次男君1歳 保育園生活始まる 慣らし保育一週間の記録

01.息子達log

ばたばたしていてブログの更新しない期間過去最長になってしまった。。。

 

さてさて、そんな4月1日から次男君が保育園に通い始めた。4月1日(金)からだったので、すぐに土日になり、仕切り直しって感じになってしまっていたが。

1日目 9時〜11時

保育園に初めて行く。保育士さんに預けた際は泣いたもののぐずぐずといった感じだったようだ。その後はおもちゃで遊んだりしてがんばっていた様子。健気なり。おやつは食べられず。妻が迎えに行った際はハイハイで妻に突進しながら大泣き。まあ、最初はみんなこんな感じだろうなあ。でも、「何でおいていくのー。おかあさーん。」とか思っただろうなあ。しんみり。

帰ってきたら

2日目 9時〜11時

1日目同様、預ける際に大泣き。しかしすぐに泣き止んだ様子。おやつは食べたようだ。妻が迎えに行くと、おんぶされて寝ていたとのこと。帰宅後、頑張った反動かずっと大泣き。お昼も食べずに寝たとのこと。しかしすぐに起き、その後は全然寝ずに抱っこ。妻の腰と肩が悲鳴をあげる。ぼーっとしていて眠そうだけれど寝ない状態で夜まで。夜は、割と早く寝たけど、何度も起きた。気持ちが落ち着かないのかな。

3日目 9時〜12時

今日も大泣き。おやつ食べられず。昼ごはんは少し食べた。だんだん慣れてきたかな。

4日目 9時〜15時

今日も預ける際に大泣き。おやつ・昼食食べず。水分も取れず。昼寝は30分しかせず。そんな状況だったので、早めにお迎えにきてほしいとの連絡があり、14時くらいに引き取りに行った様子。でも、初めてバギーに乗ってお散歩に行き、電車が通るのをニコニコしながら見ていたとのこと。

家に帰ってからは相変わらず大泣き抱っこ夜泣き。

5日目 9時〜16時

食事を少しずつ食べられるようになってきた様子。お昼寝は30分。一人でちゃんと遊べるようになってきた。だんだん慣れてきたぞ。今日は次男君が大好きなじじが遠路はるばる一緒にお迎えに来てくれた。次男君じじの姿を見るとニコニコしながら突進してきたとのこと。

家に帰ってからは、じじと長男君と元気に遊んでいた。夜は早く寝た。今日は、次男君が落ち着くようにと思って、私がずっと添い寝をしていたら、一回も起きなかった。ぐっすり寝られて良かった。

6日目 9時〜16時

朝、泣くけれどもだいぶ慣れてきた様子。バギーに乗ってお散歩を楽しんでいた様子。家でも乗り物のおもちゃが好きなのだが、外でも電車や車が通ると大喜びだったようだ。

帰宅後は、よく遊び、早くに寝た。8時すぎに起きたので、私が寝かしつけ→そのまま添い寝。寝相が悪く、私の頭や腕やお腹の上をゴロゴロ転がっていた。鼻水が少し出ていて苦しそうな感じではあったが、頼みのメルシーポット(鼻水吸引器)の調子がイマイチで使えず。寝かしつけに少し時間がかかった。

まとめ

と、こんな感じに保育園生活はスタート。3月生まれの次男君は一歳になったばかり。未だ赤ちゃんでしかなく、そんな状態で保育園に行くというのは、正直どうなのかなあと思うところもある。あと数ヶ月後なら、大丈夫だと思うのだが。

でもまあ、しんみりするのも最初だけ。そのうちに泣かなくなるし、その他色々慣れてくる。そうやってみんな大きくなてきたのだ。思えば3月生まれの長男君4歳もそうだった。あ、長男君のときのことを思い出してちょっとしんみりしてきた。。。

 

スポンサーリンク