雨情の宿「新つた」に泊まる ~2歳児と行く家族旅行~

福島旅行二日目。スパリゾートハワイアンズのプールに入りご飯を食べたり休憩した後に、二日目の宿である雨情の宿「新つた」に向かう。「しゃぼんだま」等の童謡を作った野口雨情という人のゆかりの宿とのこと。宿はいわき湯本の温泉街の一角にあるのだが場所が良く分からず、細街路に迷い込んでしまった。電車でくれば駅(湯本駅)からは近そう。

雨情の宿「新つた」

福島県 温泉 旅館|いわき湯本温泉 新つた

 少し迷った末に車寄せに着くと、若い社員が元気で明るい気持ちのよい対応をしてくれた。なかなか好印象。

全体

  • 館内はきれいに整っており、落ち着いた雰囲気。
  • 最初、子連れはいないかなと思ったが、何組かいた。気兼ねなく過ごせる。
  • 宿の人の対応も素晴らしくゆっくり過ごせた。

部屋

しばらく家族旅行は行けなさそうなので、ゆっくりしようとのことで、相当奮発して広い部屋(18帖くらいの福壽館という部屋)を予約した。

部屋に到着するなり息子君はテーブルの周りをぐるぐる走り始めた。部屋が広いのでのびのび楽しそう。

食事

夕飯は和食。通常は1時間半から2時間程度かかるようだが、息子君がもたないので、超特急で出してもらった。急ぎながらも美味しくいただいた。

夕飯の魚の煮物 息子君は一尾完食。

f:id:tsundokusyo:20150110184818j:plain

ご飯を食べた後は、本日も3人でバタンキュー。ゆったり過ごしているせいか、どうしても眠くなってしまう。本を持ってきたけど、一秒も読めなかった。まあそんなものかなあ。

スポンサーリンク