保育園へ子供を迎えに行くのが最高に楽しい

 父親君が保育園送り迎え

妻妊婦して以来私が保育園の送り迎えを担当しております。息子君は妻と一緒だと、歩けるくせに「抱っこー。」と駄々をこねて動かなくなってしまうので、妻の体に負担をかけないように、父親君がせっせと送り迎えしております。送りは毎日。お迎えはジジババにお願いしている日以外の週2、3回行ってます。

お迎えは楽しい

それはもちろん、若くかわいい保育士さんに会えるので楽しい。。。だけでなく、お友達も本当にかわいいです。最近は、私の顔を覚えてくれており、私が迎えに行くと、「〇ちゃん来たよー。」と息子君に私が来たのを教えてくれます。そうすると、そのあたりにいたお友達が皆私の周りに集まり、各々好き勝手なことを話しかけてくれたり、私の体に抱き付いてきたりします。息子君も私の体をよじ登って来るので、両腕に幼児を抱え、正面にかざされている絵本を読んだり、一生懸命話している子に相槌をうったりします。これが本当に楽しく、又ジーンとくる瞬間です。そんなこんなで自分の子供はもちろんかわいいですが、他の子もかわいく思えてきました。

保育園を出てから、あたらしい履きやすい靴の息子君とあちこち寄り道したり、歌を歌いながら帰るのも本当に楽しい。

 

こんな楽しいことも、いつか終わってしまいます。今この送り迎えを楽しまねば。

以上、最近は何よりもこのお迎えタイムを楽しみにしている父親君のつぶやきでした。

まるごとわかる保育園

まるごとわかる保育園

 

 

 

 

 

スポンサーリンク