04.息子達の読書log

恐竜 現代思想2017年8月臨時増刊号を買う

今年の夏休みのメインイベントは福井県に恐竜を見に行ったが、5歳と2歳の息子達には少し難しい展示ではあった。せめて、漢字が読めるようにならないと厳しいかな。 ただ、親としては、今まで気にもしなかった「恐竜」というカテゴリーに対して、大層な興味…

最近買った本 〜5歳長男編〜

最近、長男君は絵本はあまり読まない。それよりも文字だけの本を好んで「読んでー」と持ってくる。「絵がなくてもわかるのー。」と聞くと、「頭の中にビデオがあるからわかるんだ。」と返してきた。なかなかいいセンスしている。 以下最近買った本 小さい頃…

くらべる図鑑購入 → 親が夢中に

くらべる図鑑購入 昨年↓の図鑑を買った。 [新版]くらべる図鑑 (小学館の図鑑 NEO+プラス) 作者: 加藤由子,小松義夫 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/07/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ちょうどその頃、長男君が図鑑をよく眺めていた…

ふたりはともだち

最近の長男君4歳10ヶ月。「ふたりはともだち」をよく読む。 ふたりはともだち (ミセスこどもの本) 作者: アーノルド・ローベル,三木卓 出版社/メーカー: 文化出版局 発売日: 1972/11/10 メディア: ハードカバー 購入: 12人 クリック: 196回 この商品を含む…

図鑑

また図鑑が増えた。 今回買ったのは、「キッズペディア地球館」というもの。 キッズペディア地球館:生命の星のひみつ (小学館キッズペディア) 作者: 神奈川県立生命の星・地球博物館,小学館 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/11/24 メディア: 大型本 こ…

戦いごっこや絵本読み聞かせ 息子達2人同時進行な夜

今日は妻が夜勤の日で不在。私が息子2人の面倒を見ていた。食事を済ませたのちの風呂。以前よりはだいぶスムーズ。長男君4歳4ヶ月はまた頭からジャーとは流せないものの、だいぶシャワーになれてきた。次男君1歳4ヶ月は入るときに泣くけどあとはスムーズ。 …

「一流の育て方」を読んだ → 中身とタイトルがなんとやら。。。

これキンドルでポチして読んだ。 一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる 作者: ミセス・パンプキン,ムーギー・キム 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2016/02/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブロ…

最近買った絵本 ママがおばけになっちゃった/危険生物/(普通の本)愛と経済のバトルロイヤル

ここ一週間くらいの絵本ポチリスト ママがおばけになっちゃった 妻:長男君はいまいち「死ぬ」ってことが理解できていないので、この本を買いたい。→ポチというような流れで購入。でもこの本で死ぬってことが理解出来るのか私は分からなかった。子供にはこれ…

最近買った絵本

最近買った絵本 相変わらず、本への投資はおしまない我が家。そこの財布だけは緩い。ここ数日でも数冊ポチした。以下、それらポチ状況の一部。 おっぱいのひみつ おっぱいのひみつ (かがくのとも傑作集 わくわく・にんげん) 作者: 柳生弦一郎 出版社/メーカ…

最近買った絵本

最近よく「9歳までの男の子の育てかた」という育児本を読む。諸々とても参考になる。並行して「幼児教育の経済学」という本を読んでいるのだが、そこには、幼児教育はめちゃ大事だよってことが書かれていて、「じゃあ何をすれば良いのか」という実践の考え…

「なぞなぞえほん」「いないいないばあ」等最近の息子たちの読書 

なぞなぞえほん 最近長男君は、「なぞなぞえほん」という本にはまっている。これはババと一緒に本屋さんに行ってきたときに、長男君が「これが欲しい」とババに買ってもらったものだ。この本は、次男君に舐められないように高いところにしまったり、しばしば…

最近買った絵本

いつも成長著しい子供達。3歳8ヶ月の長男君の言語能力も日に日に成長しているのがわかる。今までは脈絡がない単発な言葉→何となく文章がつながる→ほとんど意味がわかるようになる。こんな感じで日々進化してきており、普通の会話が成り立つようになってきた…

まんが日本昔ばなしにはまる3歳長男君

少し前に↓のようなエントリを書いた 日本の昔話を読み聞かせ - 共働き+子育て ゆのたし家族日記yunotatsu.hatenablog.com 相変わらず長男君3歳は、この小さなまんが日本昔ばなしの冊子にはまっている。 朝保育園に行く前 帰ってきてすぐ 寝る前 などなど、…

日本の昔話を読み聞かせ

長男君3歳。相変わらず、ずっとぶつぶつ何かをしゃべっている。今までは何を言っているのか理解できなかったが、最近は空想上物語を自分で作れるようになり、その物語を中心に一日中何かをしゃべっている。 「むかしのむかしのだい。おじいちゃまとおばあち…

ブログ始めて1年の感想

ブログ初めて1年 確かちょうど1年前の2月にブログを始めた。そうすると早一年たったことになる。毎日ではないけれど継続的に更新している。記事数は350を超えている。1日1記事程度のペースで書いている。 文字数 仕事家事育児人間の私がそれなり記事…

ピケティさん読み始めた

21世紀の資本読み始めた

「叱らなくていい子育て」を読んだ 大人に余裕があることが必要→フォロー体制構築が大事

これ読んだ。 保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」 (PHP文庫) 作者: 須賀義一 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2015/01/07 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 作者の須賀さんという元保育士方のブログを本にしたとのこと。1974年生ま…

文藝春秋12月号を読んで、朝日新聞電子版購読をはじめた

以前 ↓のようなエントリーを書いた。 ブログ始めて半年以上、新聞をもっと読もうと思った - 共働き+子育て ゆのたつ家族日記 ブログ始めて半年以上、新聞をもっと読もうと思った - 共働き+子育て ゆのたつ家族日記 ただ、新聞をとると月に何千円かの出費に…

最近買った絵本

先週の土曜日、比較的大きな本屋に行くと、息子君2歳は「ちょっとだけまいご」という絵本を熱心に何度も読んでいた。あらすじはまあ良くある話なのだが、絵がおしゃれ。私は、ぱらぱらと読んでちょいと2歳が読むにはおしゃれすぎやしないかと思ったけど、…

「きみは赤ちゃん」 妻の感想 

今日は、夕方から妻が息子君の相手をしていたので、息子君は完全無欠の母親モード。私が何かしようものなら、「ととないー。ないー。」連発。9時過ぎても、本読んで読んで攻撃を妻にし、なかなか寝ない。最後は、工事車両のDVDを見ると言ったときに、「か…

ワークショップとかってどうなのか

「未来のイノベーターはどう育つか」と同時に「子どもの創造力スイッチ」という本も買っていた。これも何かの書評欄にあったもので、解説が面白そうだったので買ったような気がする。この本では、子供向けのワークショップの事例がこれでもかとくらい紹介さ…

おもちゃについて ~「未来のイノベーターはどう育つのか」を読んで~

「未来のイノベーターはどう育つのか」という本を読んでいる。これは少し前に、何かの雑誌の書評欄にあったもので、しばらく積ん読書状態だったもの。 内容をものすごーく簡潔にまとめると、 これからの世の中ますます、イノベーションを起こすような人材が…

今日も「きみは赤ちゃん」を読む 出産育児でギクシャクする夫婦関係について ~読後感想②~

先日、夜中にぱらぱらとめくっている途中で力つきたので、息子君2歳が寝たあとの時間等時間を見つけては、「きみは赤ちゃん」著者:川上未映子を読んでいる。ちなみに、川上さんは2012年に息子さんが生まれたそうだ。私の息子君と同い年だ。ということもあり…

芥川賞作家川上未映子さんの「きみは赤ちゃん」購入予約しました。

私が愛してやまない美人芥川賞作家の川上未映子さんの新しい本「きみは赤ちゃん」が今週発売になります。 私の愛読書の一つに文藝春秋という雑誌がありまして、そこで年二回の芥川賞の選考をしております。で、数年前に川上さんが芥川賞を取った時には、猛烈…

「イラスト版台所のしごと」がここ数日の愛読書  ~息子君2歳の今日この頃~

一昨日くらいだったか、息子君が一人で遊んでいたので、寝っ転がって「イラスト版台所の しごと」をぱらぱらとめくっていると、息子君が「それー」と近づいて来、「よんでー」とご指示が発令された。 イラスト版台所しごと この本は、かなり本格的な台所仕事…

息子君2歳 語彙の増加とおいうえおえほん

最近の息子君2歳。語彙が増えてきた。これが語彙の爆発的増加ってやつかな。とにかく色々なものを指さし「あれなーにー。」と聞く。それに対して答えると、頑張って同じように答えようとする。日々成長しているぞ。息子君 で、最近「これ読んでー」ともって…

クーリエ・ジャポン7月号を読んで  口頭で論理的に話すことは重要

今日は定期購読しているクーリエ・ジャポンの7月号を、食後のコーヒー(小川軒プレミアムカフェ)を飲みながら読んだ。お題は、英国人に「大人の品格」を学ぶというもの。詳しい内容は雑誌を読んでもらうとして、私が印象に残ったのは、「議会でもメディア…

「はじめてのおつかい」「14ひきのあさごはん」 〜2歳の読書〜

「はじめてのおつかい」と「14ひきのあさごはん」という絵本を購入した。今まで買った絵本と比べ、背景描写が細かく、ストーリーが2歳にも分かりやすい本を選んだ。 「はじめてのおつかい」 買い物に興味津々でいつもレジ係のお姉さんに「どーぞ」と商品を…

「相手の立場になって考える」ということ

相手の立場になって考える。 先日のエントリー「新社会人へのアドバイス」で、「相手の立場になって考える」事が重要だと述べた。それが社会人の基本かつ最重要事項というのが私の社会人生活十数年の結論だ。 その「相手の立場になって考える」ということは…

週刊ダイヤモンド2014/3/29号 ヤンキー文化論

今週のダイヤモンドの記事で私が引っかかったのは、「金融市場異論百出」で「ヤンキー文化論」に触れられているところだ。 原田曜平氏の「ヤンキー経済学」による「最近のヤンキー」は 暴力性が薄い 徹底的な地元志向 友人との友好関係のためなら出費を厭わ…

スポンサーリンク